Event is FINISHED

Game Business Expo #1

Description

ゲーム業界関係者のためのオンラインイベント「Game Business Expo」開催!



日本初のゲーム業界向けメディア「GameBusiness.jp」では、業界関係者のためのオンラインイベント「Game Business Expo」を6月15日より開催いたします。

Game Business Expoとは

次世代機の発売や5Gのサービススタートなど、ゲーム業界において節目の年となる2020年ですが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、多くの国内外の開発者・業界向けイベントが中止やオンラインのみでの開催を余儀なくされています。そのような現状に鑑み、業界紙として少しでも情報発信や情報共有の場を提供すべく企画したイベントが「Game Business Expo」です。



ゲーム業界関係者を対象に、業界向けのツールやサービスの紹介・導入事例を紹介していく展示会を6月15日から6月30日までの約2週間展開し、6月26日にはイベントを集約したオンラインのセッションも開催予定です。

ゲーム開発のミドルウェアやマーケティングサービスなどの事例・新機能などを紹介するセッションのほか、スクウェア・エニックスで代表取締役社長も務めた和田洋一氏による「次世代機・5G・ポストコロナ」を切り口にした講演(6月26日(金)23時開始)も予定しています。各セッションについては、随時お知らせしてまいります。

また、オンライン開催の利点を活かし、中国の業界関係者向けにも簡体字でも同時展開してまいります。

セッションタイムテーブル

  1. 11:00~12:00 H2MD × PlayCanvas × VR/AR で新しい表現を
  2. 14:30~15:30 「全米1位を獲得した日本のデベロッパー3人に聞く、成功するハイパーカジュアルゲーム企画とは?」
  3. 16:00~17:00 UE4 x Wwise x Nintendo Switch ─ 『ニンジャラ』サウンド制作事例
  4. 17:30~18:30 ライセンス管理ソリューション「SHALO」とは…その特徴と利用シーンを解説
  5. 19:00~20:00 Genvidで構築するインタラクティブ・ストリーミングで何ができる?ユーザー事例・パネルディスカッション
  6. 23:00~24:00 和田洋一氏が見る次世代機・5G・ポストコロナのゲーム業界

セッション概要

①11:00~12:00

「H2MD × PlayCanvas × VR/AR で新しい表現を」

2020年6月にPlayCanvas対応をした動画ミドルウェア「H2MD」。今回はPlayCanvasと合同セッションの形式で、H2MDの使い方からPlayCanvasでの利用例を講演させて頂きます。アルファ付き動画に興味のある方や動画を利用したコンテンツの作り方などに興味のある方は是非ご視聴下さい。

登壇者:品部仁志(株式会社アクセル)/宗形修司、城戸雄大(PlayCanvas運営事務局)


② 14:30~15:30
「全米1位を獲得した日本のデベロッパー3人に聞く、成功するハイパーカジュアルゲーム企画とは?」
昨今注目を集めるハイパーカジュアルゲーム領域で先頭を走る開発者たちがどのようにゲームを立ち上げ、どのように成長させていったのか……。マネタイズやマーケティング施策だけでなく、どういったタイトルが成功を収めているのか、その裏側に迫るセッションとなっています。登壇者は『snowball.io』や『Traffic Run!』などを手掛ける芸者東京の田中泰生氏、弊誌でも以前インタビューし注目を集めた『Park Master』を手掛けた面白法人カヤックの畑佐雄大氏、そして直近で日本・USランキング1位を獲得した『学校サボる!』を開発するエウレカスタジオの馬場紘弥氏の3名。モデレーターはAppLovinの片木智也氏が務めます。

注目集めるハイパーカジュアルゲームの開発者が一堂に会するということで、新規でハイパーカジュアルゲームを立ち上げようと考えている方や、既に立ち上げているがどのようにすればランキング上位に食い込むゲームを開発できるのか試行錯誤されている方々には必聴の内容です。

③16:00~17:00
「UE4 x Wwise x Nintendo Switch ─ 『ニンジャラ』サウンド制作事例」

ニンジャ×ガム!オンライン対戦のアクションゲーム!

シノビの力を引き出す「ニンジャガム」を使い、様々なアクションでニンジャバトルをくり広げる『ニンジャラ(Ninjala)』

3D空間を自在に動くプレーヤー、オンラインマルチプレイ、そしてNintendo Switchへの対応。様々な課題や挑戦をどのようにニンジャラサウンドチームは乗り越えてきたのか?

オーディオミドルウェア「Wwise(ワイズ)」を活用し行えた様々やサウンド開発の改善、苦労、そしてこれからのチャレンジを余すところなく解説いたします。

セッション参加者は主に Nintendo Switchプラットフォーム 向けの、UE4と Wwiseを採用したサウンド開発の知見を得ることができます。

AAAタイトルの開発チームでは無い、小~中規模での開発にも役立たせることが出来る内容を目指しました。


登壇者:ガンホー・オンライン・エンターテイメント 尾崎景吾氏

④17:30~18:30
ライセンス管理ソリューション「SHALO」とは…その特徴と利用シーンを解説

2020年度上期に販売を予定しているライセンス管理ソリューション「SHALO」。国内製品として使いやすさと安定したサポートを追及したUSBドングルとなっており、製品の使い方や利用シーン、今後ライナップも含めて講演させて頂きます。


⑤19:00~20:00

Genvidで構築するインタラクティブ・ストリーミングで何ができる?ユーザー事例・パネルディスカッション
ゲームとメディアが融合し始めている今、新しいジャンル、インタラクティブ・ストリーミングが出てきました。Genvid Technologiesはインタラクティブ・メディアの未来の推進をミッションに掲げ、より便利で面白いコンテンツの作成を可能にするSDKを開発しています。ゲーム実況などのライブストリーミングに対し視聴者がインタラクションすることを可能にするSDK であるGenvidを活用することでどんな未来が広がっていくのか、ユーザーの事例からご紹介します。

  • Genvid Technologies JapanによるGenvid SDK概要紹介
  • 『Retroit』の開発者、Black BlockのCEO Robin Squire氏によるデモ、プロジェクト紹介
  • 『ドンさわぎ』ディレクター・池村匡哉氏と『Demolition Robots K.K.』クリエイター・一條貴彰氏によるデモ、パネルディスカッション

登壇者:Black Block Robin Squire氏/株式会社ヘッドハイ 一條貴彰氏/Talefactory 池村匡哉氏/Genvid Technologies Japan ジョンソン裕子氏

⑥23:00~24:00
和田洋一氏が見る次世代機・5G・ポストコロナのゲーム業界
スクウェア・エニックスの元代表取締役社長である和田洋一氏に、次世代機・5Gを切り口に今後の業界動向や新たなビジネスモデル、コロナショックで大きく変わった価値観がゲームに与える影響について講演いただきます。

リモートで仕事をする環境が当たり前になってきた今、ZoomやTeams、Meets-upというあらゆるオンライン商談システムが使用されている。しかし、これは昔からゲームで使用されていたシステムの延長線にすぎなかった。これから、ゲーム業界やゲーム開発というものはどういう方向に進んでいくのか。

開催概要

  • 開催期間:6月15日(月) ~ 6月30日(火)
  • カンファレンス開催日:6月26日(金)
  • 開催場所:GameBusiness.jp特設サイト
  • カンファレンス開催方法:Zoomのウェビナー機能を通じて配信
  • 参加料:無料(Peatixでの事前登録必須。登録者のみに講演参加方法を別途お知らせします)
  • ターゲット:ゲーム業界関係者/ゲーム業界を志望する学生
  • 主催:株式会社イード(GameBusiness.jp編集部)

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#637355 2020-06-26 00:37:38
More updates
Jun 15 - Jun 30, 2020
[ Mon ] - [ Tue ]
12:00 PM - 11:55 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
入場チケット FULL
Organizer
Game Business Expo
295 Followers

[PR] Recommended information